[白井田七の糖尿病への効果]白井田七が糖尿病予防や血糖値改善におすすめな理由

「糖尿病に白井田七って効果はあるの?」

「血糖値が高いけど、薬は飲みたくないんだよね。白井田七って効果はどうなの?」

血糖値や糖尿病の不安がある方にとって、白井田七は気になるサプリメントですよね。

白井田七には、食後の急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。

白井田七の主成分である、サポニンをはじめ、田七ケトン、フラボノイドなどが相乗効果を発揮して、食後の高血糖を抑えるからです。

また、田七人参特有の成分、パナキサトリオールに、血液中の糖の代謝を促す作用もあるので、血糖値を改善し、糖尿病の予防と改善効果が期待できます。

白井田七の糖尿病と血糖値への効果①血糖値上昇を抑えるサポニンが高麗人参の7倍

白井田七の原料である田七人参には、朝鮮人参の4倍~7倍ものサポニンが含まれています。
サポニンとは、植物の根や葉、茎などに含まれている成分ですが、大豆や小豆をはじめとする豆類や、ごぼうやにんじん、こんにゃくなどに豊富に含まれるています。

サポニンには様々な薬効があるとされていますが、胃から小腸への糖質の移動スピードを遅らせる作用と、小腸での糖の吸収をおさえる作用によって、血糖値の急上昇を抑えてくれます。

参考:薬用植物の糖尿病予防成分(化学と生物Vol40 2002年)

白井田七の糖尿病と血糖値への効果②サポニン以外にも血糖値を抑える成分が豊富

白井田七には、サポニン以外にも、糖尿病や血糖値改善効果のある成分が豊富に含まれています。

  • パナキサトリオール:糖代謝を促して血糖値を改善する効果
  • フラボノイド:インスリンの効きを良くして血糖値を下げ、糖尿病を予防する効果
  • 田七ケトン:活性酸素を除去して膵臓からのインスリン分泌を促し、血糖値を下げ、糖尿病を予防する効果

糖尿病は、血糖値が高い状態が慢性化するため、血液の流れが悪くなり、体の各部に酸素と栄養を十分に届けられなくなります。

また、血流の悪さと活性酸素の害も深く関係しています。

その結果、神経の障害や腎臓機能の低下、目の網膜障害などの怖い合併症を引き起こします。

白井田七に含まれる成分は、血糖値を下げるだけでなく、血液の流れを良くして活性酸素を除去し、糖尿病を予防することができます。

白井田七の糖尿病と血糖値への効果③:余計なものが含まれていないから実感しやすい

白井田七の原材料は、98%が田七人参で、つなぎとして有機栽培玄米を2%だけ使用しています。

田七人参の健康食品には、粉末のものもありますが、飲みにくいという声も多いため、必要最小限のつなぎとして有機玄米を使用して、飲みやすい錠剤にしています。

つまり、ほんのわずかなつなぎ成分以外には、余計なものを一切含まない、田七人参そのもののサプリメントです。

そのため、田七人参の効果をダイレクトに実感しやすく、糖尿病や血糖値改善効果を実感しやすいのです。

[白井田七の糖尿病への効果]白井田七の血糖値改善成分

[白井田七の血糖値改善成分]サポニン

サポニンには、胃から小腸へ糖が送られるスピードを遅くする作用と、小腸での糖質の吸収を抑える作用があります。

そのため、食後の血糖値上昇スピードを穏やかにし、血糖値が上がりすぎるのを抑えてくれるので、糖尿病の予防と改善効果が期待できます。と、

サポニンは糖尿病の神経障害を予防する

サポニンには、血液中の糖代謝を促す上に、血液中のコレステロールを下げて、血液をサラサラにする作用もあります。

そのため、末端の毛細血管の血流を改善して、酸素や栄養をスムーズに供給し、糖尿病の合併症の一つである神経障害を予防する効果も期待できます。

糖尿病の神経障害は、進行すると、末梢神経に障害が起きて痛みや熱さへの感覚がマヒします。

そのため、ちょっとした傷ややけどなどに気が付かず、組織が死滅する壊疽を起こしてしまい、最終的には足の切断をしなければならなくなります。

高麗人参の7倍とサポニンが豊富に含まれる白井田七を飲むことで、怖い糖尿病の神経障害を予防しましょう。

[白井田七の血糖値改善成分]パナキサトリオール

田七人参に含まれる成分のパナキサトリオールには、血液中の糖が筋肉に取り込まれるのを活性化する作用があります。

そのため、血糖値を抑えて糖尿病を改善する効果があります。

血糖値の高いマウスを使い、植物素材を中心とした約1,000種の素材の血糖値抑制効果を調べる実験では、田七人参が最も血糖値を抑える効果がありました。

この実験において、田七人参の成分が、どう機能して血糖値を抑えるのかを検証した結果、サポニン以外にも、田七人参特有の成分であるパナキサトリオールという成分に、糖の代謝を促す効果があることがわかりました。

参考:「田七人参」の含有成分「パナキサトリオール」に高血糖を抑制する効果があることを発見(ライオン株式会社)

白井田七を飲むことで、血液中の糖が筋肉に取り込まれ、エネルギーとして消費されやすくなり、その結果血糖値が下がり糖尿病の予防と改善にもつながります。

[白井田七の血糖値改善成分]フラボノイド

白井田七の成分であるフラボノイドは、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの機能を改善して、血糖値を下げる効果があります。

また、フラボノイドには炎症をしずめる作用があります。

糖尿病になると、体内に炎症性の物質が多くなり、これがインスリンの効きを悪くするため、血糖値が高い状態が続いてしまいます。

フラボノイドを豊富に含む白井田七を飲むと、インスリンの機能を改善して血糖値を下げ、糖尿病の予防と改善効果が期待できます。

フラボノイドは植物の色素成分の一つで、ポリフェノールの一種です。

色の濃い野菜や果物にも豊富に含まれているので、日頃からバランスのよい食事を心がけながら、白井田七を飲み続けることで、糖尿病を予防しましょう。

[白井田七の血糖値改善成分]田七ケトン

田七ケトンは、田七人参特有の成分ですが、血液のめぐりを良くして、糖尿病の原因の一つでもある活性酸素を除去してくれます。

活性酸素が体内で増えすぎると、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞内の酸化反応によって、インスリンの分泌に障害が起きてしまいます。

田七ケトンは、血液のめぐりを良くして代謝を上げ活性酸素を除去する上に、酸素と栄養を体のすみずみにスムーズに届けるため、糖尿病の合併症を予防します。

田七ケトンを豊富に含んだ白井田七を飲んで、血液のめぐりを良くすることで活性酸素の増えすぎを抑えて、糖尿病を予防しましょう。

[白井田七の糖尿病への効果]高血糖値と糖尿病の原因とメカニズム

血糖値が高い状態を放置していると、糖尿病を招きます。

さまざまな原因により高血糖の状態が続くと、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが低下するので、食事の後でなくても血糖値が高い状態が続きます。

糖尿病とは、血糖値が高いままでうまくコントロールできなくったために、免疫力の低下、動脈硬化、糖尿病による合併症、ガンなどさまざまな病気を引き起こす怖い病気です。

糖尿病を予防するには、高血糖の原因を理解し、高血糖を放置せずしっかり対策することが大切です。

高血糖値の原因①:食生活の乱れ

高血糖の大きな原因に、食生活の乱れがあります。

特に、糖質に偏ったバランスの悪い食生活が高血糖の大きな原因です。

なぜなら、食事の栄養素のうち、血糖値を上げるのは糖質だからです。

朝食を食べずに出勤し、昼食にラーメンとチャーハンのセット、天ぷらそばにいなりずしのセット、カレーライスの大盛とか、かつ丼や牛丼など単品物のメニューばかりになっていませんか?

こうしたメニューが多いと糖質の摂りすぎになり、血糖値が高くなりすぎます。

糖分の多い清涼飲料水を良く飲むという方も要注意です。

甘い清涼飲料水には、血糖値の急上昇を引き起こす果糖ブドウ糖液糖が大量に含まれています。

血糖値を上げる糖質とは、砂糖をはじめとする甘い食べ物だけではありません。

ごはんやパン、麺類の食べ過ぎにも注意が必要です。

野菜やキノコ、海藻類を意識して増やす

栄養バランスの良い食事が高血糖値と糖尿病の改善には不可欠ですが、栄養バランスと言われても忙しい生活を送る中ではなかなか難しいものですよね。

しかし、ここは少し意識して野菜やキノコ、海藻類を食べるようにしましょう。

これだけでも高血糖値と糖尿病予防と改善に理想的な食事に近づきます。

野菜やキノコ、海藻類の栄養素は、小腸からの糖の吸収スピードを遅らせるので、血糖値の急上昇を抑えます。

野菜といっても根菜類は比較的糖質が多いので、葉物野菜をはじめとする緑黄色野菜がおすすめです。

外食ではどうしても野菜の料理が不足しがちですが、ラーメン屋カレーライスのような単品メニューではなく、和定食や野菜サラダを選ぶようにしましょう。

高血糖値の原因②:運動不足

運動不足も高血糖の大きな原因の一つです。

食事からとりこまれた糖は、血液を介して全身に運ばれますが、運動不足が続くと、糖が筋肉に取り込まれず、エネルギーとして消費されないため、血糖値が高い状態が続いてしまうのです。

運動は高血糖値改善と糖尿病予防に必須

高血糖値を改善し、糖尿病を予防するためには、運動療法は不可欠です。

運動の最大の効果は、血糖値を下げることですが、その理由はごく単純で、運動をすることで筋肉細胞に血液中のブドウ糖が取り込まれ、エネルギーとして消費されるからです。

しかも、インスリンの働きを借りることなく血糖値が下がるので、インスリン

高血糖値の原因③:ストレス

強いストレスを長期間受け続けると、自律神経系や内分泌系に障害を起こすため、血糖値の上げ下げに関係の深いホルモン分泌を乱れさせてしまいます。

その結果、血糖値のコントロールもうまくいかなくなり、高血糖の原因となります。

自律神経は体中の臓器や器官の働きを調節し、呼吸、脈拍、血圧、体温、排尿、排便などをコントロールしています。

一方、内分泌は、脳の視床下部や脳下垂体、甲状腺や副甲状腺、すい臓や腎臓、副腎などさまざまな臓器や器官から分泌される何十種類にも及ぶホルモンの分泌をコントロールしています。

強いストレスを長期間受け続けると、自律神経系と内分泌系の大切なコントロール機能を狂わせるため、高血糖値をの原因となります。

上手にストレスコントロールしよう

現代人がストレスを完全に排除することはなかなか難しいことです。

ストレスはため込まず、上手に発散してコントロールするものと考えましょう。

ストレスに負けないためには、規則正しい健康的な生活にあります。

毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起きることを習慣にすると、自律神経系や内分泌系も上手に機能し、ホルモンバランスも整ってきます。

自分の好きな趣味を持ち、趣味に打ち込む時間を確保するのもよいでしょう。

いずれにしても、十分な休養と睡眠、バランスの取れた食事と適度な運動がストレス解消にもなり、高血糖の改善につながります。