[白井田七の効果的な飲み方]3つのポイント

白井田七の効果的な飲むタイミングは食前

白井田七の効果的な飲むタイミングは、食前です。

食後ですと、食事で摂取した食物繊維が白井田七の消化吸収を抑えてしまうこともあるので、なるべく食前に飲むようにしましょう。

しかし、白井田七はお薬ではなく健康食品ですから、飲み方について厳密な決まりがあるわけではありません。

例えば、食前に飲むのを忘れたからといって、食後に飲んではいけないというわけではなく、食後よりも食前の方が、より効果的というだけです。

飲んだり飲まなかったりというのは、白井田七の効果を感じにくくなる原因の一つです。

できるだけ食前に飲むことを意識しながら、毎日の習慣として飲み続けることが効果を感じる近道です。

白井田七の飲む量

「白井田七は、1日に何粒飲むのが効果的なの?」

「たくさん飲んだ方が効果が出るのも早いんじゃない?」

何粒飲めばいいのか、たくさん飲んだ方が効果を実感しやすいと考える方も多いようですね。

でも、白井田七は、たくさん飲んだからといって病気が治るとか、効果を感じるのが早くなるというものではありません。

1日の目安量で継続して飲むことが、効果を感じるための飲み方のポイントです。

白井田七の飲む量は、1日に4粒がおすすめの目安量ですが、数値や体調などで気になることがある方は、最大12粒までを目安に飲みましょう。

いずれにしても、気になる数値や体調に合わせて4粒~12粒で量を調節してみてください。

白井田七の飲み合わせ
白井田七の飲み合わせについて注意が必要なのは、持病があって日常的に薬を飲んでいるケースです。

田七人参は、漢方で副作用のの心配のない上薬に分類されています。

しかし、漢方薬は作用が比較的ではありますが、薬効のある成分が含まれているので、薬との飲み合わせについては、医師や薬剤師に相談してください。

[白井田七の効果的な飲み方]白井田七の飲む時間

白井田七は、食前に飲むのが効果的な飲むタイミングですが、夕食前のタイミングは特に効果的です。

なぜなら、白井田七の成分は、就寝中のホルモン分泌を促して、老廃物の排出や疲労回復、血糖値や尿酸値の改善にも効果的に作用するからです。

「それなら寝る前に飲んだ方が効果的なんじゃないの」

そう考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、寝る前だとめぐりがよくなり、寝つきが悪くなる可能性もあります。

飲み方に特別な決まりがあるわけではありませんが、寝る前よりも夕食前が消化吸収もよく、おすすめです。

[白井田七の効果的な飲み方]いつ飲むのが効果的なのか

[白井田七の効果的な飲み方]白井田七の飲む量

「白井田七って1日何粒飲むのが効果的なの?」

「たくさん飲んだ方が効果は早く出るんじゃないの?」

白井田七を飲むなら、できるだけ早く効果を感じたいというお気持ちはわかります。

でも、白井田七はたくさん飲んだからと言って、劇的に効果が変わってくるというものでもありません。

基本的に食品ですから、1日の推奨量の4粒~8粒を毎日の食事の一部として、食前に何度かに分けで飲む方が、コストと効果を考えてもおすすめです。

白井田七の飲む量は1日に4粒~8粒

白井田七の推奨量は、1日に4粒~8粒ですが、夕食前に多めにして2粒~4粒、あとは朝食前に1粒~2粒、昼食前に1粒~2粒と、3回の食事の前に分けて飲むとよいでしょう。

食事前に飲むことを習慣化することで、飲み忘れることもなくなりますし、白井田七は毎日の食事の一部とすることで体のリズムも整い、自律神経系や内分泌系がスムーズに機能することにもつながります。

健康で清々しい毎日を送るポイントは、規則正しい生活習慣です。

白井田七を飲む際にも、規則正しくコツコツ続けることが、効果的な飲み方のポイントです

[白井田七の効果的な飲み方]